FX取引 狭スプレッドと信用力について

前回XMの口座開設について話した時、次回はスプレッドの狭いFX口座を開設したいと締めくくったと思うが、しばらくしてからスプレッドの狭い口座をさがして開設したので今回はそのあたりのことについて述べてみよう。
1. 狭スプレッドについて
はじめになぜスプレッドの狭い口座を探そうと思ったかを話しておきたい。
スプレッドとはご存知かと思うが、要は取引手数料であり、FX取引は株式投資のように一度買ったらしばらく持ったままのようなものではなく、何度も売買を繰り返すので、取引回数が多くなればなるほど手数料も大きくなるので出来るだけ取引手数料たるスプレッドが安い口座を開設すべきなのである。
開設までにいろいろな紹介サイトを使ってスプレッドの狭い口座を探して見つけることが出来たのだが、スプレッドの狭い広いだけで安易に口座開設してしまって良いのかという疑問がわいてすぐに口座開設はしなかったのである。
なぜスプレッドだけで判断したくなかったのかだが、FX取引は、自分の大切お金を預けて取引するので信用力も一緒にチェックすべきだと考えたからである、自分のお金が戻って来なくなってしまったら元も子もないからである。
ということで、その口座のFX会社の信用力が如何なるものかということもチェックして最終判断をしたのです。

カテゴリ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.1

この記事について

このページは、dragon-solarが2015年10月 5日 17:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「海外FX口座XMを開設」です。

次の記事は「信用力について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。