海外FX口座XMを開設

始めての口座開設はとても重要だと思う。

その口座が使いにくければせっかく頑張って勉強してきても「FXムズカシイ」となって挫折してしまうからだ。

そういった考えを根本とし、私はXMを最初のバージン海外FX口座に任命した。

XMはスプレッドが少々広いのだが、そのデメリットを超えるメリットが多くあった。

まずはじめに日本語への対応が充実していることだ。

サポートはもちろんのこと公式サイトも大変わかり易い。

なにかをしようとした時にFAQなども充実しているので、困ることは少なそうだ。

また、開設ボーナスに$30もらうことができるので、トレードツールなどに慣れたり、

そもそも、その$30を増やして、自己資金0でトレードをしていくことも可能にしてくれる。

やはり、FXの最初の壁は口座開設と取引ツールの使い方、入金の仕方だと思うが、

そのうちの1つ入金の仕方は先ほど説明したように後回しにできる。

また、口座開設も免許証と公共料金領収書があればものの3分ほどで開設できた。

さすれば取引ツールをあれこれやって見ればよいだけである。

そういった理由により、私はXMの口座開設にいたり、無事にトレードを始めることが出来た。

しかし、そもそも開設する前になぜそんなことがわかったかというと

この比較サイトが詳しく口座開設の方法やサポートの使い方を掲載していたからだ。

海外FX口座を比較しているサイト

まだ、コンテンツは少ないようだが、XMについては充実していた。

その他の口座も私が開設するまでに充実してくれるとありがたい。

次はスプレッドが狭いところを開設しようとは思っているが、まだそれは当分先だろう。

カテゴリ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.1

この記事について

このページは、dragon-solarが2015年4月17日 17:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「目標金額の設定」です。

次の記事は「FX取引 狭スプレッドと信用力について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。