信用力について

2.信用力について
上述したとおり、自分の大切な資金をそのFX会社に預けるわけであるから、安心して取引するためには、その信用力をチェックするのは当然のことだと思ったわけである。
しかし、いきなり信用力をチェックしようにもどんな点をチェックすればよいのかさえわからなかったので、またまた紹介サイトを参考にして、基本的に以下の点を満たしている海外FX会社ならば取引しても大丈夫なことがわかった。
◎金融ライセンスを取得している→できればその裏付けとなるライセンンス情報をしっかり確認できること、ライセンスがないところで口座開設は絶対にしてはならない。
◎資金管理方法として、銀行分別管理もしくは信託保全している→前向きに管理先である銀行名等を公表していること、せめて分別管理をしていないと自分の預けている資金がその会社の事業資金に流用される恐れがある。
以上2点を最低限満たしていれば合格ではあるが、次の2点のも追加してチェックすべきであることもわかったのであった。
◎追証なしゼロカット採用していること→国内FX会社口座で問題視されている相場急変時のすべりで追証が発生することを避けるため。
◎投資家補償基金等に加盟していて、万が一倒産しても顧客資金が守られること→たとえば最大20,000ユーロまでの補償金でカバーされるといった顧客資金の保護に努めている会社を選ぶべき。
以上の計4点を満たしかつ最もスプレッドが狭いのは海外FX会社「AXIORY」であり、この会社の口座を開設したのであった。
また、紹介サイトによればリスク分散の見地からできるだけ複数の口座を開設したほうが良いとのことからもう1社の口座を開設したのであった。
比較的リーズナブルなスプレッドに豊富なボーナス特典があって、信用力も大丈夫な「FXGLOBE」の口座も開設した。
ちなみに、今回、2社の口座を開設するために「海外FX口座比較まとめ」という紹介サイトに載っている情報を参考にして判断したのである、これからという人にはぜひオススメしたい。

FX取引 狭スプレッドと信用力について

前回XMの口座開設について話した時、次回はスプレッドの狭いFX口座を開設したいと締めくくったと思うが、しばらくしてからスプレッドの狭い口座をさがして開設したので今回はそのあたりのことについて述べてみよう。
1. 狭スプレッドについて
はじめになぜスプレッドの狭い口座を探そうと思ったかを話しておきたい。
スプレッドとはご存知かと思うが、要は取引手数料であり、FX取引は株式投資のように一度買ったらしばらく持ったままのようなものではなく、何度も売買を繰り返すので、取引回数が多くなればなるほど手数料も大きくなるので出来るだけ取引手数料たるスプレッドが安い口座を開設すべきなのである。
開設までにいろいろな紹介サイトを使ってスプレッドの狭い口座を探して見つけることが出来たのだが、スプレッドの狭い広いだけで安易に口座開設してしまって良いのかという疑問がわいてすぐに口座開設はしなかったのである。
なぜスプレッドだけで判断したくなかったのかだが、FX取引は、自分の大切お金を預けて取引するので信用力も一緒にチェックすべきだと考えたからである、自分のお金が戻って来なくなってしまったら元も子もないからである。
ということで、その口座のFX会社の信用力が如何なるものかということもチェックして最終判断をしたのです。

海外FX口座XMを開設

始めての口座開設はとても重要だと思う。

その口座が使いにくければせっかく頑張って勉強してきても「FXムズカシイ」となって挫折してしまうからだ。

そういった考えを根本とし、私はXMを最初のバージン海外FX口座に任命した。

XMはスプレッドが少々広いのだが、そのデメリットを超えるメリットが多くあった。

まずはじめに日本語への対応が充実していることだ。

サポートはもちろんのこと公式サイトも大変わかり易い。

なにかをしようとした時にFAQなども充実しているので、困ることは少なそうだ。

また、開設ボーナスに$30もらうことができるので、トレードツールなどに慣れたり、

そもそも、その$30を増やして、自己資金0でトレードをしていくことも可能にしてくれる。

やはり、FXの最初の壁は口座開設と取引ツールの使い方、入金の仕方だと思うが、

そのうちの1つ入金の仕方は先ほど説明したように後回しにできる。

また、口座開設も免許証と公共料金領収書があればものの3分ほどで開設できた。

さすれば取引ツールをあれこれやって見ればよいだけである。

そういった理由により、私はXMの口座開設にいたり、無事にトレードを始めることが出来た。

しかし、そもそも開設する前になぜそんなことがわかったかというと

この比較サイトが詳しく口座開設の方法やサポートの使い方を掲載していたからだ。

海外FX口座を比較しているサイト

まだ、コンテンツは少ないようだが、XMについては充実していた。

その他の口座も私が開設するまでに充実してくれるとありがたい。

次はスプレッドが狭いところを開設しようとは思っているが、まだそれは当分先だろう。

目標金額の設定

さて、実際にFXを始める前に、目標を決めておこうと思う。

実際に取引をしたことはないので、取らぬ狸の皮算用となるかもしれないが、

目標を立てておくと現実が理想に追いつこうとするので大切だと思っている。

最終的には30万円ほど稼げれば上々であろうか?

なにより田舎は家賃も食費も安いので、むしろ裕福に生活が出来てしまう。

しかし、現在は働いている身故にそこまでの時間を避けないと思わられる。

よって月5万円ほど稼げるようになれば、上場としよう。

時間が増えればその6倍も見えてくるだろう。

とすると土日は取引ができないので、1月20日だと考えると、1日およそ2500円稼ぐ必要がある。

さて、この数字が現実的なのか、非現実的なのか・・・

それはさらなる勉強と実際の取引で確かめていくとしよう。

なぜそもそもFXなのか

実は世の中にはアフィリエイトなる副業があることをしっていた。

様々な商品を紹介して、そのうち数%や決まった額を報酬としてもらえるというものだ。

こちらは自ら出資する必要がないのでだれでも簡単に始めることができるのが特徴だが、

私にとっては超えなければならない壁が多すぎた。

そもそもブログを書くことぐらいならできるが、SEOや商品の詳しい紹介などは苦手だ。

好きでもないことは続かない。

なので、アフィリエイトはずっと興味がなかった。

また、FXではなく株でもいいのだが、株を買うには最初の必要資金が多すぎる。

お小遣い制の私には数十万円も自由に使えるお金は持っていない。

なので、少額から始められるFXをやってみようとなったわけだ。

その中でも海外のFX口座はハイレバレッジかつ少額入金で始められるとのことなので、恐らく海外の何処かの業者を利用するだろう。

人によってはアフィリエイトや株の方が性に合う人もいるだろうし、むしろ羨ましいとも思うが、

愚直に自分にあったものを極めていこうと思う。

脱サラリーマンを目指して

育ちは山形の自然があふれるところだった。

田んぼや裏山でどろんこになるまで遊び、隣人とも家族のような親戚のような仲の良さで暮らしていた。

しかし、就職のために東京に来てから生活は一変した。

幸い仕事と家庭に恵まれ、妻子を持つことが出来たが、毎日働きに働き、

帰るころには家の中は真っ暗。

そんな生活から抜け出し、またあの頃のような田舎暮らしに戻りたいと何度思ったことか・・・

そこでFXの話を聞いた。

負ける可能性ももちろんあるが、しっかりと勉強すれば数万程度は稼げるらしい。

取引の方法によっては生活費ぐらいは稼げるというではないか。

しかもインターネットさえあればどこにいてもできる!

その話を聞いた瞬間これしか無いと思った。

もともと世界情勢には興味があり、様々なニュースを読みあさるのが趣味でもある私にとってまたとないチャンスだと思った。

この気持が自然消滅しないように、また、アウトプットの場としてブログを運用していこうと思う。

あの土の匂いが待っている田舎に帰るために!

カテゴリ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.1